ケノンで髭脱毛するときの痛み

ケノンで髭脱毛する時の痛み

このエントリーをはてなブックマークに追加   

髭 脱毛

 

ケノンで髭を脱毛するときにどれくらいの痛みがあるのか気になる人も多いのではないでしょうか?

 

実際に僕がケノンで髭の脱毛をしている感覚でしかありませんが、参考になれば幸いです。

 

出力レベル1

ケノンはフラッシュの照射出力をレベル1から10まで変えることができます。数値が大きいほどパワーが大きくなっていきます。またパワーが大きいほどランプカートリッジの減りが速くなります。

 

こんな感じでレベルごとにあと何発照射できるかが表示されます。数字で出るのでわかりやすくなっています。

ケノン 液晶 画面

 

レベル1はテスト的に使用したのみですが、痛みは皆無で、フラッシュによる熱も殆ど感じないほど。

 

おそらくレベル1を照射しつづけても脱毛効果はないのではないか、と思います。

 

出力レベル5

次に試したのが出力レベル5。この強さだとフラッシュにより瞬間的に肌に熱が発生している感覚ははっきりと感じるようになります。

 

しかし、痛みと呼べるようなものは全くありません。

 

ちなみに僕は照射前に冷却材などを使用して肌を冷やしていません。

 

レベル5では冷やして肌の感覚を鈍らせなくとも痛みは感じませんでした。

 

出力レベル10

きっとレベル5程度を続けても即効性はないだろうと判断してトライしたのが最高出力のレベル10。一番強いということでちょっと緊張しましたが、結論として、そこそこ痛みはあります。

 

よくフラッシュ脱毛の痛みを表現する際に、輪ゴムをはじいたような痛みと言われますが、まさにそんな感じですね。

 

ほんの瞬間的なピリッとした痛みです。あとを引く痛みではないので、ボタンを押す瞬間にちょっと気合を入れればなんともありません。

 

きっと冷却材で肌を冷やしてからやると痛みが和らぐのだと思いますが、いちいち冷やしていると時間がかかりそうなので使っていません。

 

僕の場合はそれでも問題は発生していませんが、これは個人差がありそうなので、僕の真似をせずに、ケノンの説明書に従って施術を行って下さい。

 

現在はレベル10で髭脱毛を行っています。僕の場合、ヒゲ全体を照射するのにフラッシュ10回使っていますが、これはヒゲの生えている範囲に依りますね。

 

自宅で簡単に髭脱毛ができる家庭用脱毛器ケノンの公式サイト

トップへ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加   

関連ページ

ケノンで髭脱毛をするメリット
ケノンを使用して髭脱毛をすると4つの大きなメリットを手にすることができます。利便性と経済性、スピード、そして美肌効果です。当記事で詳しく説明します。
ケノンで髭脱毛をするときにあなたが注意すべきこと
ケノンは、家庭向けに安全性が高く設計された脱毛器です。それでも誤った使い方をすれば肌や目などを痛める危険性もないわけではありません。ケノンで髭を脱毛する際の注意点を整理しました。
男のヒゲの悩みと脱毛
髭は男の体毛の悩みNo.1です。もっとも綺麗に安全に処理できるのは脱毛ですが、その方法もいろいろあります。男の頑固な髭の脱毛方法についてその特徴をまとめました。
ヒゲと体毛の違いについてあなたが知っておくべきこと
ヒゲはいつ、なぜ生えてくるのでしょうか?ヒゲは体毛の一部でありながら、ほかの毛とは随分と性格が異なる毛です。髭脱毛を進めたい人は、ひげ特有の性質を理解してから、脱毛に臨むようにしましょう。