ケノンのカートリッジの寿命についてあなたが知っておくべきこと

ケノンのカートリッジの寿命についてあなたが知っておくべきこと

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ケノンのカートリッジ

 

家庭用脱毛器のケノンは、用途に応じてハンドピースの先端に取り付けるカートリッジを交換するようになっています。言い替えればカートリッジを取り替えれば異なる用途に対応できるようになっているということ。

 

主にフラッシュ脱毛器として使用されるケノンですが、ケノンの照射するIPL方式の光にはフォトフェイシャルと呼ばれる美肌効果があるため、家庭用の美顔エステマシンとしても利用することができます。

 

美顔効果を狙ってケノンを使用するときには、専用の美顔カートリッジを取り付けて使用します。

 

このように多機能なエステ機器に様変わりできるのも、カートリッジのおかげ。そしてこのケノンのカートリッジには寿命があるのです。

 

気になるランプ・カートリッジの寿命

ケノンのカートリッジには寿命があります。何の寿命かというとカートリッジ内部にあるランプが光を照射できる回数のことを指しています。家庭で使用する電灯も、車のヘッドライトもいつか電球が切れてしまうように、ケノンのカートリッジ内のランプにも寿命があります。

 

ケノンのカートリッジの寿命は、電灯用の電球のように約何年とか約何時間といった曖昧なものではなく、メーカーから明確に決まった照射可能回数が公表されています。カートリッジの種類と照射するフラッシュのレベル(強さ)によって何回照射できるかが決まっています。ケノンはフラッシュの光の出力をレベル1(弱い)から10(強い)まで調整ができますが、レベルを上げていくにつれて照射できる回数が減っていきます。

 

各カートリッジごとに何回照射できるかを表にまとめました。(2017年6月プレミアムカートリッジを追記)

LV プレミアム エクストララージ ラージ スキンケア
1 1,000,000 200,000 200,000 200,000
2 - 100,000 100,000 120,000
3 - 50,000 54,545 100,000
4 - 33,333 37,500 90,909
5 - 23,076 33,333 66,666
6 - 15,000 26,087 58,823
7 - 13,043 20,000 54,545
8 - 12,000 16,666 50,000
9 - 10,714 15,000 46,153
10 300,000 10,000 13,043 42,857

 

それぞれの回数は表を見て頂ければわかると思うのですが、ただ、20万回とか1万回とか言われてもなんだか正直ピンときません。結局のところ、自分の目的に応じてカートリッジの容量に過不足があるのかがわからないと、カートリッジを追加したほうが良いのかどうかはっきりしません。そこで代表的な使い方を想定して、標準カートリッジでどこまで脱毛できるのかを試算してみます。

 

ケノンの新プレミアムカートリッジ(2017年6月追記)

ケノンの新しいカートリッジが発売されました。その名も「プレミアムカートリッジ」。レベル1で100万回、レベル10で30万回も照射できるカートリッジで、かなり長寿命になりました。レベル10で比較するとエクストララージに比べて30倍、ラージに比べておよそ23倍の寿命になりました。

 

なおプレミアムカートリッジの照射面の面積は7cuなので、これまでのラージカートリッジを同じになっています。

 

あなたの場合、追加カートリッジは必要なのか?

標準で付くエクストララージ+ラージの2つのカートリッジでもかなりの量を処置できるのですが、ご利用目的は、様々なケースがあると思います。ここでは、男性が脱毛する場合と女性が脱毛する場合の2つのケースで、標準カートリッジ2つでどこまでできるのか、足りないならどのカートリッジを追加購入すると良いかを考えてみます。

 

2017年6月よりカートリッジが新しくなりました。新たにプレミアムカートリッジが登場し、ケノン本体に標準でついてくるようになります。その代わりに、これまで標準で付いていたラージカートリッジとエクストララージカートリッジはついてこなくなりました。

 

下記の試算は、ラージカートリッジとエクストララージカートリッジを使用した場合の試算になっています。新しいプレミアムカートリッジはこの2つのカートリッジで照射できる面積の10倍以上の寿命がありますので、下記試算の10倍分照射ができるとお考えください。

 

男性一人で使用する場合

男がひとりで全身脱毛をするケースを想定します。男なので全身ツルツルというのは少々行き過ぎ感もありますが、女性のように細かなうぶ毛まで脱毛することは考えず、濃い毛がある部分を全身脱毛するという前提で計算をします。計算は日本人の平均身長・体重をもとに進めます。

 

【前提】
・男性
・身長 170.9cm (※1)
・体重 64.6kg (※1)
・体の表面積 1.756u (※2)
・脱毛する表面積 体の表面積の50%とする 0.878u(8,780cu)

(※1)厚生労働省の「国民健康・栄養調査」による、平成24年(2012年)の日本人の平均身長・体重は20歳男性170.9cm 64.6kg、女性157.8cm 51.6kg
(※2)こちらのサイトで計算:http://keisan.casio.jp/exec/system/1161228735

 

エクストララージの照射面が9.25cuなので、脱毛する範囲を照射するのに必要な回数は
= 8,780cu ÷ 9.25cu
= 949回

 

レベル10で照射できる回数は10,000回なので、エクストララージカートリッジで全身を脱毛できる回数は
= 10,000回 ÷ 949回
= 10.5回

 

同様に標準で付いて来るラージカートリッジについても計算します。

 

ラージの照射面が7cuなので、脱毛する範囲を照射するのに必要な回数は
= 8,780cu ÷ 7cu
= 1,254回

 

レベル10で照射できる回数は10,000回なので、エクストララージカートリッジで全身を脱毛できる回数は
= 13,043回 ÷ 1,254回
= 10.4回

 

あら、ほぼ同じ。ラージのほうが安いから、コストだけ考えればラージいいですね。

 

両方あわせると20.9回ということで、ほぼ21回として良いでしょう。

 

計算の結果、男性一人の場合、標準で付いて来るエキストララージとラージカートリッジで21回の全身脱毛ができるということがわかりました。

 

2017年6月追記
新しいプレミアムカートリッジが登場して、ケノンに標準で付属するようになります。その寿命はエクストララージ+ラージのおよそ10倍以上です。上記の試算をベースにすると男性一人ならなんと210回の全身脱毛ができることになります。

 

将来的に毛が復活することを想定しても、カートリッジを追加で買う必要はないでしょう。

 

あくまで日本人の平均身長(170.9cm)と体重(64.6kg)をベースにしていますので、平均よりも背が高い人や体重が重い人は、体の表面積が大きくなりますので、全身脱毛できる回数はもう少し少なくなります。

 

女性一人で使用する場合

次に、女性がひとりで全身脱毛をするケースを想定します。女性なので、うぶ毛も含めた全身隅々まで脱毛することを想定します。そうはいっても頭髪、手のひら、足の裏など必要のない部分もありますので、体の表面積の90%を脱毛対象とする前提で計算を行います。計算は日本人の平均身長・体重をもとに進めます。

 

【前提】
・女性
・身長 157.8cm (※1)
・体重 51.6kg (※1)
・体の表面積 1.506u (※2)
・脱毛する表面積 体の表面積の90%とする 1.355u(13,550cu)

(※1)厚生労働省の「国民健康・栄養調査」による、平成24年(2012年)の日本人の平均身長・体重は20歳男性170.9cm 64.6kg、女性157.8cm 51.6kg
(※2)こちらのサイトで計算:http://keisan.casio.jp/exec/system/1161228735

 

エクストララージの照射面が9.25cuなので、脱毛する範囲を照射するのに必要な回数は
= 13,550cu ÷ 9.25cu
= 1,465回

 

レベル10で照射できる回数は10,000回なので、エクストララージカートリッジで全身を脱毛できる回数は
= 10,000回 ÷ 1,465回
= 6.8回

 

同様に標準で付いて来るラージカートリッジについても計算します。

 

ラージの照射面が7cuなので、脱毛する範囲を照射するのに必要な回数は
= 13,550cu ÷ 7cu
= 1,936回

 

レベル10で照射できる回数は10,000回なので、エクストララージカートリッジで全身を脱毛できる回数は
= 13,043回 ÷ 1,936回
= 6.7回

 

またまた、ほぼ同じですね。

 

エクストララージの分とラージの分をあわせて全身脱毛が13.5回ということになりました。

 

計算の結果、女性一人の場合、標準で付いて来るエキストララージとラージカートリッジで13.5回の全身脱毛ができるという計算になりました。

 

2017年6月追記
新しいプレミアムカートリッジが登場して、ケノンに標準で付属するようになりした。その寿命は長くてエクストララージ+ラージのおよそ10倍以上もあります。上の試算をベースにすると女性一人が隅々まで全身脱毛しても135回以上のの全身脱毛ができることになります。

 

多めに見てツルツルになるまでに36回程度の全身脱毛が必要だとしても、かなり余裕のある寿命ということになります。女性であっても一人で利用するのであればカートリッジを追加で買う必要はなさそうです。

 

男性の場合と同じく、日本人の平均身長(157.8cm)と体重(51.6kg)をベースにしていますので、平均よりも背が高い人や体重が重い人は、体の表面積が大きくなりますので、全身脱毛できる回数はもう少し少なくなります。逆に小さい人はもう少し多くなります。

 

女性のほうが体が小さく、体の表面積も小さいですが、脱毛したい部位が多いため、女性のほうが全身脱毛ができる回数が少なくなりました。今回の計算では、体全体の90%を対象としましたが、そこまで徹底しない使い方では、もっと回数を増やすことができます。背中のうぶ毛はやらないとか、いろいろな考え方があるかと思います。

 

試算のまとめ

上記のように、男性の場合およそ21回、女性の場合およそ13〜14回の全身脱毛を標準カートリッジ(エクストララージ、ラージ)で可能なことがわかりました。本格的にツルツルを目指すとなると、12回〜18回の脱毛が必要と言われていますので、女性がケノンで全身ツルツルを目指す場合は、カートリッジが足りない可能性が出てきます。

 

試算でも出ていたように、エクストララージでも、ラージでも、照射できる総面積はほぼ同じです(レベル10で照射した場合)。エクストララージのほうが照射面が大きいため、広い部位を処理する場合は、ラージよりも速く進めることができます。照射できる総面積は同じですが、スピードに差が出る分、エクストララージのカートリッジのほうが値段が高くなっています。

 

総面積は変わらないので、価格重視ならラージカートリッジ、スピード重視ならエクストララージカートリッジがおすすめです。

 

参考までにカートリッジの価格を載せておきます。

カートリッジ 通常価格 本体購入時価格
プレミアム 標準付属のみ 標準付属のみ
ラージ 7,700円 4,200円
エクストララージ 9,800円 6,000円
スキンケア(美顔) 6,800円 4,000円
このエントリーをはてなブックマークに追加   

関連ページ

ケノンのカートリッジは追加購入するべき?
ケノンには標準で2つのカートリッジが同梱されています。初回購入時に割引で販売される追加カートリッジを買うべきかについてお話します。
これまでで最も簡単なケノンのカートリッジの汚れ掃除の仕方
ケノンはカートリッジ式の脱毛器ですが、ケノンを何回か使っていると気になってくるのがカートリッジのガラス面の汚れ。この汚れの影響と掃除の仕方についてお話します。