ケノンのシミ取り効果についてあなたが知っておくべきこと

ケノンのシミ取り効果についてあなたが知っておくべきこと

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ケノンは家庭で簡単にエステ並みのフラッシュ脱毛が行える家庭用脱毛器です。

 

当サイトでは髭の脱毛や、他の体毛の脱毛を実際に行っている様子・効果をご紹介していますが、脱毛に関しては評判通りの効果を発揮してくれています。

 

そんなケノンには、脱毛器としての顔以外に、美肌効果もあってこれがなかなか秀逸です。

 

人を老けて見えさせる原因の大きなものが肌の質です。シワやシミがあったり、肌のキメが粗かったりするだけで老けて見えるようになります。

 

逆に言えば、そういったものがなければ年齢以上に若くも見えますよね。

 

ケノンのIPLフラッシュは、フォトフェイシャルという美顔エステに使用されるものと同じものなので、肌を美しく見せるための効果がいろいろあります。

 

そのなかでも僕が一番魅力に感じるのがシミが取れる効果です。

 


 

ケノンのシミ取り効果とは?

ケノンのIPLフラッシュが持つ肌に与える効果はいくつかあるのですが、シミ取りに関連するものを挙げてみると次の2つになります。

 

  • 黒いものに光が集まって熱を発生させ、組織の破壊をする
  • 代謝を活発にさせ、肌の再生力を促進する

 

ケノンのフラッシュが脱毛できる原理と同じことですが、フラッシュの光は黒いものに集まって熱を発生させます。

 

その熱で毛根を破壊することによって脱毛が行えるわけですが、同様の原理によってシミを取ることができてしまうというわけです。

 

ケノンのフラッシュをシミに照射すると肌の奥にあるシミのある部分(メラニンのかたまり)に熱が集まってその組織が破壊されます。

 

破壊された組織は自然な肌のターンオーバーによって再生されます。その際に、破壊されたシミを含む組織が肌の表面へと浮き出てきて、最後には剥がれてポロッととれます。

 

このようにシミが取れるというのが、ケノンのシミ取り効果のメカニズムです。

 

肌に擦り傷などを負うと、いずれ傷ついた表面が剥がれ落ちて、その下から新しい肌が出てきて蘇りますよね?あれと同じことが起こるようにケノンを使ってしむけるというわけです。

 

肌の組織を破壊するなどと言うと強い痛みをイメージするかもしれませんが、実際に使用している感覚では、強い痛みを感じるようなことはほとんどありません。あくまでシミのある部分だけに熱を発生させ、そこにだけピンポイントで傷を付けるということをケノンはやってのけます。

 

またIPLフラッシュには、コラーゲンなどを生成する細胞を活発化させる効果もあるため、傷ついた肌組織の再生がスムーズに進むようになります。意図的に傷をつけて素早く再生させるというのがケノンの役割です。

 

検証!シミが濃くなっても気にしてはいけません

ケノンを使用して、シミのある部分に照射を行うとどうなるのかを実際にやってみて確認したいと思います。

 

対象とする部位は、腕のひじの内側あたり(下記画像)としてみます。もちろん顔でも良いのですが、初めて試みる場合は、腕などの肌の強そうなこところが良いでしょう。

 

ひじの内側あたり

 

あまり拡大すると見た目がよくないのですが、結構まんべんなく細かいシミがあるのが、わかるのではないかと思います。

 

あなたのカラダにもこうしたパーツがあったりしませんか?

 

さて、実際に照射にあたって決めなければいけないのが、カートリッジ選びです。

 

ケノンには脱毛用美顔用(スキンケア用)の2種類のカートリッジがあります。通常、脱毛目的でない場合は、スキンケア用のカートリッジを使用するようにマニュアルにも書かれています。

 

しかし、しかし、

 

スキンケア用のカートリッジは刺激が非常にマイルドです。あくまで個人的な感覚ではありますが、正直なところあまり効いている気がしません(笑)。

 


 

痛みをあまり感じないという意味では確かに良いのですが、あまりに刺激がなく、実際に数回か照射をしてみても、シミを取るという観点でははっきりとした効果を感じませんでした(おそらく効果がゆっくり出てくるように調整されているのでしょう。)

 

根気よく安全に続けるのが王道なのだと思いますが、もっと早く効果を出したいという冒険心がふつふつと湧いてきてしまいました。

 

そんなわけで、今回使用するのはスキンケア用のカートリッジではなく、脱毛用ラージカートリッジです。そして出力はレベル10で照射します。
※くれぐれも安易に真似はしないで下さいね。マニュアルに沿わないやり方は全て自己責任です。あくまで僕個人のやり方ということでご理解下さい。

 

それでは、

 

照射です!

 

ケノンでシミ取り

 

なお、シミにフラッシュ照射をすると、次の日かその次の日くらいに一旦シミが濃くなります。シミが肌の表面に浮き出ている証拠なので心配は無用です。

 

効いてることを喜ぶくらいの気持ちで見ていましょう。

 

照射した結果はこうなりました!

照射をして、早ければ次の日には照射した部分のシミが濃くなってきます。

 

それがだんだんと浮き出てきて綺麗な肌と入れ替わるわけですが、こんな感じで濃くなってきます。うーん、ゾッとしますね。

 

ケノン照射4日後のシミの様子

 

これはちょうど4日後の様子です。

 

表面に以前のシミよりも色の濃いポツポツができているのがおわかりになるでしょうか?

 

シミが皮膚の表面に出てきたものです。肌深くにあるシミは、普段は肌で覆われているために色が薄く見えていますが、実際にはこういう真っ黒いメラニンの塊が皮膚の奥に潜んでいるわけですね。

 

なんだかゾッとしますね。

 

この黒いシミが皮膚の代謝とともに剥がれ落ちて、綺麗なシミのない肌になります。

 

>>シミも取れる家庭用脱毛器ケノンの公式サイトはこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

関連ページ

フォトフェイシャルってなに?
ケノンのフラッシュはフォトフェイシャルにも使用される美顔器効果のあるIPLです。そもそも一体フォトフェイシャルって何なのでしょうか?
ケノンはフォトフェイシャル美顔器でもある
ケノンは美肌器効果のあるIPL光を照射するフォトフェイシャルの機能も持っています。美顔器カートリッジを装着することでケノンのフォトフェイシャル機能を利用することができます。